健診の受診勧奨の前に知っておきたいことについて

健康維持のためにも、誰にでも健診を受診勧奨される可能性はあります。初めて受診勧奨を受けた時に慌てないように、その前に健診の受診勧奨について基本的な情報を知っておくと良いでしょう。その地域や管轄内で、健診の未予約者に電話やハガキによって予約の案内が行政などによって通達されます。直接本人へ通達する電話では、そのまま健診予約ができるので受診者にとっても便利です。電話は、予約案内の郵送物発送後にかかってくる場合もあります。更に、二次健診による受診勧奨の際にも通達が来ます。この場合、対象者は健診結果が要再検査、要精密検査、要医療の方です。健診が未受診の方はもちろんですが、受診後注意点があった方も自身の詳細な状態を把握するために、健診を受診勧奨されたら積極的に受診するようにしましょう。

健診を受診勧奨されたら知っておくべきこと

健診を受診勧奨されたら知っておくべきことがあります。受診前の準備はもちろん、健診結果や診断者からのコメントを正しく理解すれば、自身の状態と今後取り組むべきことがわかりやすくなります。会社に勤めていらっしゃる方は、法律によって健診は義務とされています。ただ、健診は最低限の検査項目が定められているため、スクリーニング検査の意味合いが強いです。病気の特定ではなく、あくまで病状を疑う程度での結果となるので、少しでも正常といえる結果でないものがあった場合は二次検査を受けて、確定診断することが必須となります。そのため、二次健診を受診勧奨された場合は特に、受診は無視できないものとなっています。健診前は従来の生活習慣を意図的に変化させることは絶対に避けて、今の自身の状態が確実に結果として反映されるようにしましょう。他にも疑問点があれば健診前に相談や申告を怠らないようにしましょう。

健診の受診勧奨を受けた際の受診後のケア

健診を受診勧奨されて、その受診も終わった後でも自身の身体ケアは大切です。受診結果に特に問題が無かった方も、将来の健康のためにも一度生活習慣を見直すとベストです。健診結果に注意点があった場合は、人間ドックなどのより専門的な検査を受け、具体的な疾患を把握する必要があります。人間ドックは保険対象外になることが多く、受診費の自己負担が必要となります。年齢や健康状態を考慮し、健診と人間ドックの受診を判断しましょう。また、医師の元での詳細な受診も必須です。その場合はなるべく同じ医療機関での受診が好ましいです。過去の記録との比較ができる上に、その記録を元に自身の現状の詳細もわかりやすくなり、医師の診断もより正確なものになります。診断結果が正確になれば、治療法も的確になるので、症状の早期治療に役立ちます。