披露宴には記憶に残る動画を!

披露宴の記憶を記録するのは動画

やはり何といいましても、人生に於けます一大イベントとして、最も思い浮かべる方が多いであろう「結婚」ですけれども、その一大イベントを新郎新婦は勿論の事ながら、親族一同や友人知人、同僚など様々な関わりのある人たちと、慶びの時を共有するというセレモニーが、披露宴であるといえるでしょう。そして、そんな大切なひと時ですから、目や耳に焼き付けて記憶しておくだけではなく、記録としても保存し、いつ何時でも感動の瞬間を、思い出せるようにしておきたいと思うのは、人の常と言えるのではないかと思います。そんな中で昨今では、テクノロジーの進歩が著しく、以前なら記録するのは写真に限られており、それはそれで思い出深いものですが、やはりよりビデオカメラが高性能化し安価になり、携帯電話の機能としても手軽になった動画は、鮮明にリアルに思い出を呼び覚ますのに、活躍する時代です。

最近の披露宴は動画を活用

友人の結婚式に何度か行ったことがあるが、披露宴での演出も少しずつ進化しているなと感じます。特に最近多いのが、結婚式や披露宴での様子を動画におさめて、披露宴の最後に流すというものや招待客の名前とコメントをエンドロールにして流すというものなどです。エンドロールについては、招待客の名前は事前に分かっているし、一人一人にお礼の言葉を考えるのは大変な作業でしょうが、知らない招待客と新郎新婦との関係性や人となりが垣間見えて楽しいものです。動画を流すものについては、結婚式での新郎新婦の入場やその時のご両親の様子など、出席していても全体が見えるわけではないので、改めて披露宴で見られると感動してしまうことが多いです。短時間で上手に編集してあり、本当にいいシーンばかりで映画のようです。結婚式には参加せず、披露宴から参加する人にとっては式の様子も分かっていいですね。二次会でこのビデオを流していた新郎新婦もいましたね。自分たちの記念にもなるしとてもいいものだと思います。

披露宴の動画の仕上がりが早くて驚きました

私の会社の同僚が結婚披露宴をする際、けっこう高額な会場を使いました。予算を超えたもののその会場でしたかった為、なるべく安く済むように工夫していました。例えば、座席表や二人の馴れ初めを紹介する動画は業者に頼まず手作りしていました。動画編集ソフトを購入し、仕事後は自宅に直帰して、毎日少しずつ制作していました。動画といえば、他の友人の結婚式で、驚いたことがありました。それは、披露宴の食事中に会場のスタッフがビデオカメラでゲストを写して回っていたのですが、披露宴の終盤でもうそれが音楽などが付けられた編集をされ、大型スクリーンで流されたのです。早くて驚きました。現代では、インターネットで世界中の情報がほぼリアルタイムで知ることができたり、通販で当日に届けられるサービスがあったり、スピード感あふれる社会になったとは思っていましたが、結婚式でも手早いサービスがありました。