症状別で異なる健診の受診勧奨の検査内容の例を紹介

健康を維持するためには定期的な健診を受けることは必要不可欠です。会社に勤めている方のほとんどは定期的に健診を受けている方がほとんどだと思います。受ける頻度は会社によってまちまちで、半年に1回の所もあれば1年に1回の所もあります。今は専業主婦の方はもちろん、フリーランスでお仕事をしている方が増えてきています。定期健診は1年に1回は行うことが推奨されています。この定期健診では自分の体が健康かどうかを確認するためにとても必要です。自分では健康だと思っていても、自覚症状が出てからでは遅い病気も多くあります。健診を受けて結果が届いたらしっかりと自分の健康データがどうなっているのか確認しましょう。受診勧奨とは検査の結果をかかりつけ医に相談するための助言のようなものです。では、健診結果で受診勧奨となっていた場合、どうすればよいでしょう。

健診の結果、受診勧奨を受けた時知っておくこと。

定期健診を受けた結果として、受診勧奨を受けた場合知っておくべきことを紹介します。覚えておいて欲しいことは、健診の結果、受診勧奨を受けたからと言っていきなり薬等で治療しなければならないかと言うとそうではありません。病気の疑いがある、予備軍の可能性があるなど詳しく検査をしてみないと正しい判断はできません。再検査した結果にもよりますが、まず、生活習慣の見直しから始まることがほとんどでしょう。一定期間、生活習慣を見直した後、検査をして結果によってはそのまま生活習慣改善で終わることもあります。生活習慣を改善して治らなかった場合は薬事治療に入ります。では、受診勧奨された時どうすれば良いのか。まずはかかりつけ医で受診することです。かかりつけ医がない場合は住んでいる地域の医師会などでかかりつけ医を紹介してもらうこともできます。医師としっかり相談して親身になってくれる信頼できる医師を見つけることも大事です。

症状によって異なる健診の受診勧奨の検査内容とは。

受診勧奨を受け検査の結果、症状が軽い場合は医師と相談し、生活習慣の改善から始めます。症状がひどい場合は薬での治療になります。よく勘違いしてしまうのは再検査と精密検査です。どちらも再度検査をするという点では同じなのですが、再検査とは初めの検査の結果が本当に正しいのかを確認する、ということです。よって、健康診断で行った検査をもう一度行います。精密検査とは、検査結果で出た数値がどういった原因で出ているのかを詳しく調べる必要がある、ということです。必要によってはCTやMRIといった検査を行うこともあります。この再検査・精密検査は健診を受けた病院で受けられるかを確認し、検査内容によっては検査費用が高くなることがありますので合わせて確認することをおすすめします。これらの検査を行った結果、今後どのような生活を送ったらよいか、治療を進めていったらよいか医師と相談し、治療をしていくことになります。