扇子が注目されています。

結婚指輪のデザイン

初めて結婚指輪を購入する人にとって、結婚指輪のデザインと言っても、どんなものなのかわかりにくいですよね。指輪のデザインにも、形状・模様など色々な種類があります。デザインを理解した上で、自分好みの指輪を選びましょう。

◆形状
平打ちリング:地金をくるりと巻いただけの非常に単純なデザイン。そのシンプルさが様々なシーンや服装に合わせやすくなっています。
甲丸リング:緩やかなカーブが特徴的で、優しい印象を与えるデザイン。平打ちリングのシャープなイメージとは違って、丸みを帯びているソフトな仕上がりです。飽きがこないデザインが人気を呼んでいるそうです。

◆ミル打ち(ミルグレイン)加工
ミル打ちとは、宝石を枠留めした縁に小さい粒状の模様を施す加工のこと。カジュアルでもフォーマルでもピッタリで、結婚指輪の定番にもなっています。

◆アームライン
S字:「S」の字を書いたように、アームラインが流れるデザインのことです。指を細く見せる効き目があるので、指が太かったり大きい人にはお勧めします。
ストレート:リングのアームが真っ直ぐで、最もシンプルなデザイン。シンプルなだけに飽きがこない形状です。
X字:縦のラインの強調によって、指を細長くさせるデザインです。重ね付けがしたい場合は、同じX字の指輪と合わせましょう。

◆模様
模様はジュエリーブランドによって、さまざまな種類があります。模様の意味を知って、自分好みのモチーフを選んでみるのも良いかもしれませんね。
蔦:繊細でやさしい印象の蔦模様。蔦には、つなぐ・結ぶという意味が込められているので、結婚指輪にはピッタリの模様です。
波:波には「海の波のように、永遠に続く愛」という願いが込められています。とても神秘的な模様です。
月桂樹:月桂樹というと何となく渋いイメージですが、「尊いもの」という意味があります。
ハート:ハートは愛情や幸福の象徴だといわれています。「幸せな結婚」という願いに効果があるそうです。

どのデザインにしようか迷っている時間が、一番楽しい作業です。しかし、頭を使う作業の一つでもあります。さぞ悩む人も多いことでしょう。
デザインを選ぶときに一番大切なことは、指輪を数多く見ることです。雑誌でも宝飾店でも指輪を見る機会を増やして、みる目を養いましましょう。
また、とても参考になるのが、年上の人が身に付けている結婚指輪です。なぜなら、その年代によってデザインの好みが変わってくるからです。20代では可愛いと思っていたデザインが、40代になると身に付けるのが恥ずかしくなるという可能性があるからです。
数十年もの長い間、飽きのこないデザインを選ぶためにも、お母様や40代、50代の人がどんな指輪を付けているのか、参考にすることもお勧めします。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *