扇子が注目されています。

結婚指輪の選び方

多くの女性は左手の薬指に結婚指輪をつけたままにするため、女性にとっては一生ものの指輪です。じっくりと時間をかけて、納得のいくものを選びましょう。
結婚指輪は二人の新しい歴史を刻んでいくものです。

結婚指輪の相場は結婚指輪を購入するとき、一番初めに気になるもの。相場なんて考えずに、店頭に並んでいる結婚指輪の価格がそのまま相場だと思っている人も多いのではないでしょうか?

実際に結婚指輪の相場は2人分で平均15万-20万円という価格が一番多いようです。しかし、最近では結婚指輪にこだわりを持つカップルが増え、年々結婚指輪の相場は高くなっている傾向にあるようです。

結婚指輪を選ぶときには、前もって相場を参考にして予算を決めておくとよいですね。予算を決めておけば、「店員に勧められるまま高い指輪を買ってしまった」といった失敗は防げます。

結婚指輪の相場結婚指輪はどうして高いのか?どうして安いのか?を理由を知っていますか?おそらくブランド名や指輪の素材が価格の相場の大部分を占めると思います。

指輪に限らず、何かを選ぶときは、「まず何を重視するか?」を考えますよね。デザイン重視、価格重視、品質重視、ブランド重視など、「これは譲れない!」という点がきっとあるはずです。

しかし、デザインや品質、ブランドを重視してしまうと、価格はどんどん高くなるばかり。新しい生活の準備もありますから、予算内でいかに品質とデザイン性を高めるかが大切になってきます。

例えば、結婚指輪をファッションとして楽しみたい人は、「安めの素材を選んで、デザインにとことんこだわる」という考え方もアリです。逆に「高品質の素材を選んで、シンプルならではの輝きを長く保ちたい」という考え方も良いですよね。

相場はあまり気にせず、予算内で2人の重視したいものを優先していくことが、結婚指輪を選ぶ基準となります。

結婚指輪の素材というと、みなさんはどのような素材を思い浮かべますか?ゴールドですか?プラチナ?それともシルバー?

きっと、多くの人が真っ先に思い浮かべるのはプラチナだと思います。しかし、意外にも欧米ではイエローゴールドだとか。また、女性にはピンクゴールドを身に付ける人が増えています。

結婚指輪の幅は意外に重要です。
なぜかというと、幅だけで指先の印象が違ってくるからなのです。例えば、幅が細いと華奢で上品なイメージ、太いとゴージャスで派手なイメージが浮かび上がってきますよね。

指輪はデザインや素材も大事ですが、幅は指先の印象を変える要点の一つ。指先に繊細なイメージを出したいのか、豪華なイメージを出したいのか、じっくりと吟味して指輪の幅を選びましょう。
ただし、針金のように極端に細いと歪みやすくてあまり長持ちしないので、2ミリ以上が実用的だと思います。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *